フィンランドの国民的アパレルブランド「マリメッコ」。私の妻も大好きなブランドなので「現地で買ったら安いかも」とヘルシンキ旅行の目的の一つとなりました。

実際、マリメッコが現地ショップでどれほど安かったのかが気になる方も多いでしょう。そんな期待にお答えして、今回はリポートを書き残しました(2017年1月現在の情報です)。

ヘルシンキ中心街にはマリメッコ5店舗

実は、ヘルシンキの中心街だけでもマリメッコの正規店は5店舗もあります。

ヘルシンキ中心街にあるマリメッコ店舗の場所を示した地図

ヘルシンキ中心街にあるマリメッコ店舗の場所を示した地図(公式サイトより)

  1. ミコンカツ店
  2. アレクシンクルマ店
  3. ストックマン内
  4. フォーラム内
  5. カンピ内

まずフィンランド首都の玄関口、ヘルシンキ中央駅から2〜3分ほど中心街に向かって歩けばアレクシンクルマ店を発見。

この他にも、巨大デパートのストックマン、フォーラム、カンピ、そしてエスプラーナディ公園に面したマリクルマ店(旗艦店)に出会えました。

ストックマン?カンピ?フォーラム?

ストックマン・カンピ・フォーラムはヘルシンキ中心街にあるデパートの名前です。特にストックマンは北欧最大級のデパートとして有名です。

マリメッコはアパレル商品なら日本公式店の半額

トラムのそばにあったヘルシンキのマリメッコ旗艦店

トラムのそばにあったヘルシンキのマリメッコ・マリクルマ店

エスプラナーディ通りのそばにあったヘルシンキのマリメッコ旗艦店

エスプラナーディ通りのそばにあったヘルシンキの旗艦店(ミコンカツ店)

私たちはエスプラナーディ通りの近くにあったミコンカツ店に入ってショッピングをすることにしました。

管理人
日本人の店員さんもいて、コミュニケーションが取りやすいのはすごく助かるんだよね

ここで買ったのは、マグカップ2つ(1個17.5ユーロ)とファブリックバッグ2つ(19.9ユーロ)、そして小さめのトートバッグ(70ユーロ)です。

マリメッコで購入した商品

マリメッコで購入したマグカップ2個とトートバッグ

マリメッコのトートバッグ

マリメッコのトートバッグ

それぞれ1ユーロ122円(2017年1月レート)で計算すると、マグカップは2135円。ファブリックバッグは2427円。トートバッグは8540円でした。

では、日本の公式ショップにある同じ商品の価格を比較してみましょう。

公式ストアによると、マグカップは2700円、ファブリックバックは4860円、トートバッグは16200円でした(いずれも税込み)。

マリメッコの日本とフィンランドでの価格差

マリメッコの日本とフィンランドでの価格差

それぞれ現地との差額を比較してみると、マグカップは565円(約21%割引)、ファブリックバッグは2433円(50%割引)、トートバッグは7660円(47%割引)安いことになります。

ここからわかることは、現地と日本での相場の差は陶器系商品はそれほど差がでないものの(とはいえ2割くらい安いのですが)、アパレル系商品は半額近い差が発生することがわかりました。

空港の荷物は「フラジール不可」割れ物にリスク

ちなみに、フィンエアーで荷物カウンターでフラジール(壊れやすいもの)のタグを貼るようお願いしたら、係員に「できない(タグがない?)」と言われて、買ったものが入ったキャリーバッグを荒々しくコンベヤーに放り投げられました。そういう点も加味して割れ物を積極的に買うのはおすすめできません

筆者
陶器系商品は重いし壊れやすいというリスクがある。現地で買うなら軽くてかさばらないアパレル系商品を購入するのがおすすめだよ

 

忘れてはいけない「免税」手続き

そうそう、忘れてはいけないのが免税制度の活用です。

今回、同じマリメッコで購入した商品の合計額は74.8(マグカップ2個とファブリックバッグ2個)+70(トートバッグ)で144.8ユーロ(17665円)でした。

日本で買うと、トートバッグしか買えない値段で、マグカップとファブリックバッグが2個ずつ買えるのです!

さらに、購入した商品には内税として24%の付加価値税がついています。海外からの観光客は同じ店で40ユーロ以上の買い物をすると免税制度が活用できて最大16%戻ってくるそうなので、これを利用しない手はありません。

手続きを終えて戻ってきた額は合計18ユーロ(2196円)。実質15569円で買い物できたことになります。

70ユーロのトートバッグを購入すると9ユーロ戻ってくるのですから、実質61ユーロ(7442円)で購入したことになります。

筆者
日本の公式ストアの半額以下ということになります。日本で買うのがバカバカしくなっちゃうよね。

マリメッコ本国ならではのレアアイテムが買える

マリメッコのフィンランド独立100周年記念モデルとして販売されたキツツキ柄のトートバッグ

マリメッコのフィンランド独立100周年記念モデルとして販売されたキツツキ柄のトートバッグ

もちろん、マリメッコの本場でしか購入できないデザインが購入できるのも大きな魅力でしょう。

2017年はフィンランド独立100周年モデルがたくさん販売されました。17年はもう過ぎてしまったのでお店での取り扱いがあるかどうかはわかりませんが、マリメッコの本社でもありアウトレット品を取り扱うヘルットミエニ店なら見つかるかもしれません。

とにかく安い!フィンランド・マリメッコファクトリーストア(前編)

2017.02.16

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です