フィンランドの首都・ヘルシンキは中央駅を中心に半径2キロ以内に主要な観光スポットが点在しています。しかも、それぞれのエリアは異なった特徴を持っているため、目的を持ってエリアを回れば効率よく観光することができる街です。今回は、少ない時間でヘルシンキを楽しむため、市街地をエリア分けしました。

ヘルシンキ市街地は大まかに6エリアに分かれる

ヘルシンキ市街地は大まかに6エリアに分かれる

A:ホテルや文化施設が集まるヘルシンキ中央駅周辺

ソコスヴァークナの部屋からみたヘルシンキ中央駅前

ホテル・ソコスヴァークナの部屋からみたヘルシンキ中央駅前

ヘルシンキ中央駅前は、ホテル、美術館や博物館といった文化施設が集中するエリア。中央駅を出ると正面にはトラム乗り場「Rautatieasema駅」があり、複数の路線があります。また、地下鉄「Rautatientori駅」もあるため観光の出発点となることを覚えておきましょう。

管理人
拠点にしやすい場所だから、初めてヘルシンキを観光する人はこの周辺でホテルをとるのがおすすめだよ
ヘルシンキ中央駅エリアにある主な施設

  • ヘルシンキ中央郵便局(中央駅西側すぐ)
  • 国立現代美術館キアズマ
  • アテネウム美術館
  • 国立劇場
  • フィンランディアホール
  • ヘルシンキ・ミュージックセンター
  • ソコスデパート

B:ブランド街のエスプラーナディ公園エリア

ストックマン周辺は北欧ブランド店舗でにぎわう

ストックマン周辺は北欧ブランド店舗でにぎわう

エスプラーナディ公園周辺はショッピング施設が充実しています。ヘルシンキ中央駅とエスプラーナディ公園の間はブランドショップが立ち並び、マリメッコ、イッタラ、アラビア、アルテックの店舗がよりどりみどり。北欧最大級のデパート「ストックマン」は一見の価値あり。公園沿いにあるレストランやカフェも高級志向のものばかり。

管理人
北欧ブランドショップが目当てなら買い物はここが一番メジャーです

公園の東北側には街のランドマーク「ヘルシンキ大聖堂」、東端にはマーケット広場や市役所、大統領官邸が見えるでしょう。公園の東北端には観光案内所があるので、どこを観光しようか悩んだら入ってパンフレットを探すことをおすすめします。

エスプラーナディ公園エリアにある主な施設

  • ヘルシンキ大聖堂
  • マーケット広場
  • ストックマンデパート
  • スウェーデン劇場
  • 観光案内所

C:ヘルシンキの西部拠点「カンピ」&西海岸

ヘルシンキ地下鉄カンピ駅前広場

ヘルシンキ地下鉄カンピ駅前広場

ヘルシンキ中央駅から西側に5分ちょっと歩くと、西部市街地の拠点である地下鉄「カンピ駅」に着きます。カンピには中央バスターミナルがあり、商業施設も多いため、ここを拠点とする観光客も多いでしょう。

カンピ駅前の広場には曲げわっぱの形をした「カンピ礼拝堂」、北西に進むと有名な岩の教会「テンペリアウキオ教会」、さらに離れたところに国民的作曲家の名前を冠した「シベリウス公園」があります。にぎやかなのはカンピ周辺までで、少し歩くと落ち着いた住宅街になります。

ヘルシンキ西部市街地の主な拠点

  • カンピ礼拝堂
  • テンペリアウキオ教会
  • シベリウス公園
  • ヘルシンキ私立美術館HAM
  • フォーラムデパート
  • トーロ湾
  • 国立オペラ劇場

D:ヘルシンキの最旬スポット「カッリオ地区」

カッリオは主にレストランやカフェ系のお店が多く、ヘルシンキ市民にとっての最旬スポットといえる地区。代表的なのはハカニエミマーケットホールで、新鮮な食材やヴィンテージ陶器などがたくさん売られている。

先に紹介した中央駅、エスプラーナディ公園、カンピ周辺と比較すると徒歩では行きにくいのでトラムや地下鉄を使って行くのがベター。

管理人
ヘルシンキ中央駅からならトラムを使うより、たった2駅で到着する地下鉄がおすすめ。地下鉄は路線が分かりやすくて本数が多くて早い!
カッリオ地区の主な拠点

  • ハカニエミマーケットホール
  • クマ公園
  • 市立劇場

E:クリエイターが集うヘルシンキ南部デザイン地区

デザイン博物館の外観

デザイン博物館の外観

ヘルシンキの南側にある街並みは下町的ではあるけれども、ものすごくおしゃれ。たくさんのクリエイターが個人でショップを開き、小規模のカフェやレストランもたくさんあります。

海沿いのエリアは世界的建築家、アルバ・アアルトがデザインしたマンションやクラシカルなたたずまいの家がある高級住宅街で、世界中から建築デザイナーが見学に訪れる場所なんだ。

デザイン地区の主な拠点

  • デザイン博物館
  • フィンランド建築博物館
  • オリンピアターミナル(船着場)
  • カイヴォプイスト公園
  • シネブリュコフ美術館
  • マンネルヘイム博物館

F:世界遺産スオメンリンナの要塞

スオメンリンナの要塞。石造りの堤防を見ることができる

スオメンリンナの要塞。石造りの堤防を見ることができる

かつてヘルシンキをスウェーデンが支配していた時代に、北方の守りを強化するため作らせた海上要塞。海に沿って分厚い石の砦が築かれ、大砲なども残っています。1991年に世界遺産登録されたヘルシンキ指折りの観光スポットで、島に住んでいる人もいるというのが驚き。

管理人
島へのアクセスはフェリーだけ。トラムや地下鉄の一日券を使って乗ることができるのがうれしいね!

用途別にエリア分け

ヘルシンキの市街地を6エリアに分けて特徴を説明してきました。最後に目的別

  • たくさんの芸術に触れたい→ヘルシンキ中央駅エリア(A)
  • 教会巡りをしたい→エスプラーナディ公園エリア(B)&西部市街地(C)
  • ヘルシンキで静かに過ごしたい→西海岸エリア(C)&スオメンリンナの要塞(F)
  • とにかくショッピングを楽しみたい→エスプラーナディ公園エリア(B)&カッリオ地区(D)&デザイン地区(E)
  • 必須の観光名所だけ短時間で回りたい→エスプラーナディ公園エリア(B)&西部市街地(C)&スオメンリンナの要塞(F)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です