フィンランド・ヘルシンキ郊外にあるアパレルブランド「マリメッコ」のファクトリーストア。

前回の投稿では行き方について動画付きで詳細に書きましたが、今回はファクトリーストア店内について書いていきます。

中に入ると、ヘルシンキの中心街にあった旗艦店のようなスタイリッシュで華やかな印象はないものの、色とりどりのマリメッコ製品に妻の顔はパァーっと輝いていました。(以下、1ユーロ122円で換算)

スマホケース&タブレットケース

まず目に付いたのは、スマホやタブレットのケースが入ったワゴン。全てiphoneやipadが対象でしたが、これがなんと2ユーロ(約250円)で変えてしまうというから驚きです。

本来ならスマホやタブレットのケースは日本で買うと1000〜2000円は当たり前。これが10分の1近い値段で買えるのです。いきなりアウトレット価格のパワーを思い知らされました。

ただ、これには裏がありまして…。ファクトリーストアに置いてあるスマホケースは、どれもiPhone4s対応と古すぎたのです。iPhone5sならまだわかりますが、今どき4sなぞ持っている人を探す方が難しいでしょう。

一方、タブレットケースはiPadmini2まで対応となっていました。偶然、妻はiPadmini2を使っていたため、お気に入りの柄を選んで購入。「カバーが古くなったから欲しいと思っていた。すごくお得な買い物」と顔をほころばせていました。

ウニッコ柄のがま口

隣のワゴンには、定番であるウニッコ柄のがま口。大小さまざまな商品が入っており、妻は一番小さいがま口(9ユーロ)を探そうと奥まで手を突っ込んでいましたが、すでに売り切れていたようで見つかりませんでした。大きいがま口は15ユーロは少し高めです。

それでも、日本の公式ストアだと税込3240円。これが1800円程度で買えるのならお得でしょうね。ちなみに、ヘルシンキ中心街にある旗艦店で似たがま口の値札を見たら、ファクトリーストアと同じ値段でした。

バッグパック

バックパックは画像の通り、89ユーロ。日本円に直すと1万900円程度でしょうか。多様な柄が美しいですね。

 

マリメッコファクトリーストアのバッグ

マリメッコファクトリーストアのバッグは89ユーロ

ちなみに、公式ストアは1万8360円。差額は約7200円と日本よりも4割程度安いということになります。個人の感想ですが、これって思ったほど安くないなあと思ったのが正直なところです。

これじゃあ中心街の旗艦店で買い物をした時と変わらないじゃないか、などと思いつつ別のバッグを手にとってみたら…85ユーロのバッグが49ユーロ(約6000円)まで安くなっているじゃありませんか!

手にとって値札を確認すると、たまに破格で売られている商品もあるので気になった商品はくまなく調べましょう。

マリメッコファクトリーストアで売られていたバッグ。85ユーロが49ユーロまで安くなっていた

マリメッコファクトリーストアで売られていたバッグ。85ユーロが49ユーロまで安くなっていた

ワンピース&シャツ

マリメッコ柄にありがちなド派手なワンピース。これで街中を歩いて赤いカツラをかぶったら草間彌生さんみたいですね(笑)

それはさておき、ワンピースは30ユーロ(3660円)、シャツは40ユーロ(4880円)とこちらは超がつくほど破格。

マリメッコファクトリーストア

マリメッコファクトリーストア

公式ストアで価格調査をしてみると、高いのなんのって。安いシャツでも1万9000円、高いシャツは4万2000円(セール品は50%オフの2万1000円)でした。

アウトレット品なのでほんの少し質が落ちたり型落ちのモデルだったりすることもあるでしょうが、それを差し引いても公式ストアで1枚買うなら、ファクトリーストアで5枚以上手に入ってしまいます。

安い商品はまだまだある

他にもまだまだ紹介したい商品があるのですが、今回はここで一旦区切らせていただきます。

本場で買うと、商品はこんなに安くなるものなんですね。これじゃあ日本で買う気が失せますよ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です