快適なフライトは耳からー。長時間飛行機に乗っていると、エコノミーだと姿勢が辛くなったり、周囲がうるさくて寝られなかったりしますよね。機内での騒音軽減に役立つのはヘッドホンですが、特におすすめしたいのはノイズキャンセリング機能が付いているものです。筆者もフィンエアーでヘルシンキ旅行をした際に利用してみました。

フィンエアー機内は夜中もうるさい

フィンエアー機内から撮影した夕暮れと満月

フィンエアー機内から撮影した夕暮れと満月

飛行機に乗った経験がある方ならお分かりでしょうが、フライト中のエコノミークラスの機内ってけっこう騒がしいんです。出発直後はみんな元気なので、隣同士で話をしているのは全然構わないのですが、問題は就寝時間帯になってからなのです。

機内がうるさい原因はいろいろありますが、騒音の原因は大きく3つあると思われます。

  1. 飛行機のフライト音
  2. 周囲の話し声
  3. 乳幼児の泣き声、騒ぎ声

まず、「ゴォー」という飛行機のフライト音だけはどうしようもない。止めろと訴えるわけにはいきませんし、最初から不可抗力だと思えば我慢することもできます。

管理人
問題は飛行機の音より人間なんですよ…

就寝時間帯には強制的に機内が暗くなりますから、話し声は抑え気味にはなるのですが、それでも前後左右の席でおしゃべりが続いていると寝られずイライラしてしまうものです。

特に乳幼児の「夜泣き」は大敵です。もちろん乳幼児だから大目に見たいという気持ちはあるのですが、ギャーギャー泣いていると寝られるものも寝られません。就寝時間帯に、未就学児とおぼしき子どもが通路をウロウロしたり駄々をこねているのが放置されている姿に、心の狭い私は「親は何をしているんだ」と思ってしまいます。

管理人
乳幼児に限らず、大人のいびきもストレスに感じます

フィンエアー機の備え付けイヤホンは耳が痛くなる

そんな飛行機内の騒音を軽減させてくれるアイテムが、イヤホンです。国際線ならどの会社でも付いているとは思うのですが、フィンエアー機にも備え付けのイヤホンが付いています。このイヤホンを使って映画を見たり音楽を聴いたりします。

しかし、フィンエアーのエコノミークラスにある備え付けイヤホンは、お粗末な作りなんですよ。写真を撮り忘れたで実物をお見せできないのですが、100円均一で販売しているカナル型(耳栓タイプ)のイヤフォンにそっくりなのです。

筆者は3年連続でフィンエアーに乗り、このイヤホンを使いましたが、名古屋からヘルシンキまでの9〜10時間フライトで付けていると、だんだん耳が痛くなってくるのです。人にもよるかもしれませんが、耳栓のようにグイグイ押し込んで装着するものですから、時間とともにヒリヒリしてきます。

管理人
安物のカナル型イヤホンは耳の穴が広がってしまうかと思うくらい痛いです

フィンエアーにノイズキャンセリングヘッドホンを持ち込む

フィンエアーの備え付けヘッドホンは耳が痛くなるので、筆者は自前でノイズキャンセリングヘッドホンを持ち込むことにしました。

フィンエアーにBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを持ち込んだ

フィンエアーにBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを持ち込んだ

筆者が持っているヘッドホンは「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II」です。普段はワイヤレスヘッドホンとして、乗り物での移動時に携帯しています。

私はBOSEの回し者でも何でもないのですが、このノイキャンヘッドホンを使う最大のメリットは「締め付けが辛くない」ことにあります。例えば、人気のソニー製ノイキャンは外部からの音を遮断しようとするあまり、ヘッドホンの締め付けがきついため、長時間聴くには向いてないのです。

フィンエアー機内でヘッドホンを使うためジャックが必要

実際にフィンエアー機内でノイキャンヘッドホンを使ってみました。普段はワイヤレス環境で使用しているため、ヘッドホンに初めて接続コードを挿しました。

飛行機内でヘッドホンを使うには、専用のジャックが必要

飛行機内でヘッドホンを使うには、専用のジャックが必要

そういえば、機内でヘッドホンを聴くには、特殊な航空機用アダプターが必要なことをご存知でしょうか。座席脇にある映画や音楽を切り替えるリモコン部分に、アダプターを挿すジャックがあります。

画像の手前にあるのが航空機用アダプターです。筆者が所持しているBOSEのヘッドホンはケースに付属しており、収納も大変便利でした。無くした場合も購入することができます。

ヘッドホンのワイヤレス機能は解除しておくこと

BOSEのノイキャンヘッドホンは航空機アダプター経由で聴こうとする時は、ワイヤレス機能は必ず切ってください。ワイヤレス機能を切らないと、ヘッドホンの片側からしか音が聴こえません。筆者もワイヤレス機能を切らないまま聴いたことで違和感を感じ、どうすればよいかわからず混乱した経験があります。

長時間のフライトではヘッドホンにこだわるべき

ノイズキャンセリングのヘッドホンを使うと、飛行機の音はかなり軽減されますし、締め付けの緩いタイプの製品なら長時間の使用も苦になりません。

長時間のフライトを少しでも快適になるためにも、個人的にはノイズキャンセリングヘッドホンは手放せないアイテムとなりました。みなさんもぜひヘッドホンにこだわってみてはいかがでしょうか。

フィンランドからフィンエアーを使う際は、自動チェックイン機を利用させられます。自動チェックイン機の使用レポートは以下のリンクから。

フィンエアー自動チェックイン機の使い方備忘録

2019年6月4日

フィンエアーを使って日本へ帰国する飛行機では、オーロラを見ることができました。画像やレポートは以下のリンクからアクセスできます。

フィンエアー機内からオーロラが見えた

フィンエアー機内からオーロラが見えた

2019年2月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です