かつて携帯電話で世界シェアを席巻したノキアの発祥地・フィンランドは、ネット環境が非常に充実していることでも有名な国です。私が最も感動したのは、旅行者向けのプリペイドSIMが非常に安いこと。1週間で7.9ユーロ払えば、高速通信が使い放題なので、Wi-Fiスポットを探さなくてもストレスフリーに検索ができます。

今回は持参したSIMフリー端末で、現地業者のプリペイドSIMを利用してみました。ただ、SIMを買ってみたものの、うまく接続できずに困った経験もしたので、そこについても詳しく書いていきます。

ざっくり要点まとめ

  • DNAのプリペイドSIMは7.9ユーロで1週間分4G通信が可能
  • Android端末で挿してみた…SIMは認識されるがLTEが表示されなかった
  • 実は海外でのネット接続にはAPN設定が必要だった

1週間分のプリペイドSIMを1000円で購入

フィンランドの空港で見かけたキオスク

フィンランドの空港で見かけたキオスク

プリペイドSIMは空港のキオスクで購入すれば即利用することができます。ただ、ヴァンター空港のキオスクでは非常に混雑していたため、慣れない英語で店員さんと交渉してレジを余計混雑させるのはよくないと思い、足早にヘルシンキを目指しました。

結局、購入した場所は北欧最大級のデパート「ストックマン」。地下1階の家電売り場で、店員さんに「プリペイドSIMを購入できますか?」と聞くと、2種類のカードを差し出されました。

ストックマン地下1階にある家電量販店でプリペイドSIMを購入

ストックマン地下1階にある家電量販店でプリペイドSIMを購入

一つは通話とインターネットができるタイプ(黒色パッケージ)、もう一つは主にインターネットを使うタイプ(白色パッケージ)のSIMでした。店員さんいわく「あなたの場合、こっちがいいのではないか」と差し出したのは、後者のネットのみを使うタイプでした。

Android端末にプリペイドSIMを挿してみた…PINコード入力

ストックマンの店員に勧められて購入したのは白いパッケージのネット専用プリペイドSIM

ストックマンの店員に勧められて購入したのは白いパッケージのネット専用プリペイドSIM

さっそくストックマンで購入したSIMを、手持ちのSIMフリー端末に挿してみました。使用した端末は富士通のRM02です(古い端末ですみません…)。

日本で使っていたSIMは紛失しないように!

今まで日本で使っていたSIMは無くさないようにちゃんと管理しましょう。私の場合はケースに入れていました。

プリペイドSIMのパッケージカードの裏側には、ピンコードの暗証番号が掲載されている

プリペイドSIMのパッケージカードの裏側には、PINコードの暗証番号が掲載されている

電源を入れてみると、いきなりパスコードを要求されます。これはパッケージカード裏側にある銀色で隠された部分をコインで削ると、コードが出てくるので、暗証番号を打ち込めばオッケーです。

SIMカードを挿したらPINコードを要求された

SIMカードを挿したらPINコードを要求された

問題はどの暗証番号を打ち込めばよいかという点。他の体験談でもこれを詳しく書いていない人が多いので、混乱する人は多いはずでしょう。

プリペイドSIMの銀部分をはがした。PIN1の4桁だけ打ち込めばよい

プリペイドSIMの銀部分をはがした。PIN1の4桁だけ打ち込めばよい

少し見にくいですが、銀色で隠れた部分にはPIN1、PIN2、PUK1、PUK2のコード番号が書かれています。SIMを使うために必要なコードはPIN1(赤枠部分)だけです。PN1の暗証番号4桁を打ち込めばパスコードの問題はクリアできます。

PIN2とPUK1、2は打ち込んではいけない

他の方の体験談では、勘違いしてPIN1とPUK1(8桁)の合計12桁の暗証番号を打ち込んだためにエラーが発生したようです。PUK1、2やPIN2は一切関係なく、PIN1の部分に書かれた4桁のコードだけ打ち込んでください。

管理人
3回間違えるとロックがかかってしまうので操作は慎重にね

SIMは認識されるが「LTE」が表示されない

PINコードを打ち込んで、フィンランドでのネット接続が実現…と思ったら、さらに大きな壁が出ました。

スマホの画面を確認すると、電波の3本線は立っているものの、ネットが使えることを示す「LTE」や「3G」の文字が入っていません。ちゃんとSIMもさしているし、通信業者を確認すると「DNA」と表示されています。

どうしたものか…接触不良かと思いSIMカードを何度か挿し直しても結果は同じ。

カンピ駅にあるDNAの販売店に「プリペイドが使えない」とスマホを差し出して相談しましたが、こちゃこちゃ店員が操作してもお手上げ状態でした。

管理人
この時は返品できないかどうか検討するくらい絶望的になったよ

アクセスポイントを設定したらネットに接続できた

スマホはSIMを通信業者として認識しているものの、なぜかネットだけ使えない。この問題を解決するため、私はホテルで夜通しでスマホの使い方を調べました。

そこで出した一つの結論はAPN(アクセスポイント)設定でした。アクセスポイント設定は、設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名へと移動しましょう。

DNAのSIMを挿した状態では、アクセスポイントが空欄状態だったので、これを打ち込む必要がありました。アクセスポイントの編集で、名前を「Finland(どんな名称でも良いですが、名前をつけないと保存されません)」、APNに「internet」と打ち込みます。プロキシやポート、ユーザー名、パスワードは空欄で結構です。

アクセスポイント名を設定した

アクセスポイント名を設定した

アクセスポイント設定後。電波の3本線の横にLTEの表示が!

アクセスポイント設定後。電波の3本線の横にLTEの表示が!

すると、APN一覧に「Finland」「internet」の文字とともに、電波の3本線の横にLTEの文字が表示されました。ようやくネットが使うことができたのです。

AndroidとiPhoneでは設定方法が違うので注意

海外でプリペイドSIMを使うにはアクセスポイントを設定しなければいけないことがわかりました。

よくiPhoneでSIMの設定方法を解説している方がいますが、Androidでの解説をしている人は非常に少なく、手順も全然違っていたため、訳が分からず苦労しました。こんな思いを他のユーザーにしてもらわないためにも、ぜひ参考にしてください。

管理人
ネットではいろんなやり方が書いてあるけど、紹介するならもっと詳しく書いてほしいなあ…
プリペイドSIM設定の要点をおさらい

  • 起動時のSIMロック解除は「PIN1」の4桁だけ入力する
  • アクセスポイント(APN)設定しなければネットは使えない
  • APN設定は名前(今回はFinlandと名付けた)とAPN(internet)だけ打てばよい

4 件のコメント

  • 初めまして。
    妹がフィンランドへ留学し、「格安simを購入したけどネットに繋がらなくてFreeWi-Fiにとりあえず接続して調べたけど分からない」と連絡がきて日本にいる私が調べてこちらのサイトにたどり着きました。
    とても詳しく設定方法が書かれており大変助かりました。ありがとうございます。

    私の検索方法は、はじめに「アンドロイド 海外 sim」と検索し別のサイトでAPN設定が必要だということが分かり、そちらのサイトは中国のAPNについて書かれていたので「フィンランド APN」で再度検索してこちらのサイトにたどり着きました。
    ページのタイトルが「使ってみた」よりも「Android 海外 格安sim 設定方法」などの言葉が書かれているとこちらのページにたどり着きやすいのかな……と個人的に思いました。
    とても分かりやすいので、たくさんの方にこちらのサイトにたどり着いてほしいなと思いコメントさせていただきました。

    改めまして、初めての海外留学で不安な妹を助けていただきありがとうございました。

    • akira様
      この度はサイトのページを参考にしていただき、ありがとうございます。
      私も記事の通り、SIMを挿したのにインターネットが全然使えず、通信業者の店員さんも「外国のスマホだから使えないのかもね」とあしらわれて絶望感を味わいました。
      同じような経験をしてもらわないために書いた記事が、他の方のお役に立ったということがコメントを通じてわかり、自分の失敗は無駄ではなかったと、肯定的な気持ちになれました。
      ご指摘の検索ワードは、ぜひそのように変えてみたいと思います。今後も当サイトへの応援をよろしくお願いいたします。

      それにしても、フィンランド留学なんて夢のようでうらやましい限りですね。私も仕事を辞めて移住したいくらいです。

  • 私は明日フィンランドのヨエンスーに留学するために日本を出発します。SiMカードについては調べてたんですが、AndroidではSimをたださしただけでは繋がらないとはどこにも書かれてなかったので驚きました。
    僕もAndroidなのですが、管理人さんのおかげで明日は困ることなく繋げれると思います。

    とても参考になりました!ありがとうございます!

    • タキャ様
      この度はサイトを訪問していただき、ありがとうございました。フィンランドへ留学されるとのことで、生活に不可欠なネットの接続でつまづくと先がおいやられそうですが、私の旅の失敗がご参考になれば幸いです。
      私は3泊5日(非常に短い!)でヘルシンキを訪れた際に、この失敗と向き合うはめになりました。ただSIMを挿せばネットが使えるようになるという幻想が打ち砕かれた時の夜はずっと悶々としていて、謎を解決するため、海外旅行なのに朝にまでずっとスマホの設定画面を見つめては、絶望的な気持ちになっていました。
      またフィンランドを訪れたら、気づいたことをいろいろ書きたいと思います。留学がんばってくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です