ヘルシンキは一風変わった教会があることでも有名な都市です。特に変わっているのはテンペリアウキオ教会。なんと巨大な岩盤をくりぬいてつくられた「岩の教会」として人気の観光スポットとなっています。今回は旅行を通じてテンペリアウキオ教会の様子を紹介します。

テンペリアウキオ教会の要点まとめ
  • 世にも珍しい岩をくり抜いた洞窟教会
  • 拝観料は3ユーロだが、ヘルシンキカードなら無料
  • 天井だ数百キロの銅板、天井を支える柱とガラスから光が差し込む
  • コンサートホールとしても使われている

テンペリアウキオ教会とは

テンペリアウキオ教会は、世にも珍しい花崗岩をくりぬいた「洞窟教会」です。この斬新な教会はデザインコンペを経て1969年に建設されました。ただ、1930年代にはすでに建設案があり、第二次世界大戦で計画が中断されたそうです。

私はヘルシンキを一周するパノラマオーディオバスツアーの中で40分間立ち寄りました。

【日本語音声ガイド付き】ヘルシンキを2時間で回る観光バスツアーに参加した

2018.02.03

上記のバスツアー(32ユーロ)が無料となったヘルシンキカードは、テンペリアウキオ教会の拝観料でも使うことができます。拝観料3ユーロが無料になります。ヘルシンキカードとは何かを知りたい方は、過去に書いた記事をご覧ください。

【交通や博物館も無料】ヘルシンキカード購入レポート!

2018.01.28

テンペリアウキオ教会の内部

テンペリアウキオ教会の入り口。岩に囲まれた見た目はとても教会とは思えない

テンペリアウキオ教会の入り口。岩に囲まれた見た目はとても教会とは思えない

ヘルシンキ市街地西部の住宅街にあるテンペリアウキオ教会の入り口までやってきました。一枚の巨大な花崗岩と、うず高く積まれた石垣の様子は、一般的な教会のイメージとはあまりにかけ離れています。テンペリアウキオ教会が見当たらない…などと迷わないでくださいね。

テンペリアウキオ教会の内部。天井のドームは銅でできている

テンペリアウキオ教会の内部。天井のドームは銅でできている

テンペリアウキオ教会の内部に入ると、赤黒いドーム型の天井と、むき出しの岩の間に挟まれたガラスから光が差し込んで、ほどよい明るさを保っています。屋根を支えている柱は180本あるそうです。

バスツアーの日本語ガイドで学んだのですが、円盤(ドーム)状の屋根は数百キロの銅でできているそうです。実はフィンランドの主要鉱産物は銅が最も多く、テンペリアウキオ教会はフィンランドのデザイン力と大量の銅という国力のたまものなのです。

テンペリアウキオ教会でコンサート

テンペリアウキオ教会はしばしばコンサートホールとしても使用されている

テンペリアウキオ教会はしばしばコンサートホールとしても使用されている

テンペリアウキオ教会にはグランドピアノが置かれており、教会行事だけでなくコンサートホールとしても活用されています。グランドピアノの側にはPAも置かれており、想像以上に本格的です。

私が教会を訪れた際にはピアノは使われていませんでしたが、代わりにギターを持って歌っているおじさんがいました。

テンペリアウキオ教会で行われていたコンサートの様子

テンペリアウキオ教会で行われていたコンサートの様子

岩や銅で造られた教会はよく響くらしく、コンサートにはうってつけ。観光客は長椅子に座ってじっと歌手の美声を聞き入っていました。

テンペリアウキオ教会は2階からの眺めが良い

テンペリアウキオ教会の2階から見た眺め。教会内を一望できるおすすめのポジションだ

テンペリアウキオ教会の2階から見た眺め。教会内を一望できるおすすめのポジションだ

テンペリアウキオ教会は全景が見える2階からの眺めが最もよいと思います。ただ、私は2階へ通じる階段を見つけることができず、どうしたらよいかわかりませんでした。

テンペリアウキオ教会の2階へ通じる階段は出口付近にあり、コンサートホール側にはありませんので注意しましょう。

テンペリアウキオ教会について

  • 住所:Lutherinkatu3
  • 電話:(09)2340-6320
  • 開館時間:5・9月は9:30~17:00(日曜は12:00~)、6〜8月は9:30~17:30(金曜は20:00まで、日曜は12:00〜17:00)
  • 休館日:教会行事中(土日は行事が多いため見学時間が変更されることもあるという)
  • 料金:3ユーロ(ヘルシンキカードなら無料)
  • 最寄駅:トラムで1・2番に乗りkauppakokeakoulutで下車し、徒歩5分。またはパノラマ・オーディオ・バスツアーの途中でも見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です